睡眠中夢を見るということ

最近良く夢を見ます。起きたら内容を忘れてしまっていることも少なくありませんが、なんとなく夢を見たなという感覚は残っています。

夢を見るという行為は記憶の整理や定着を促しているのだという話を聞いたことがありますが、そのような状況に陥ったことが無いような行動をしていることが多いのでなんとも面白いものですね。

これはどうやら普段心に秘めた願望が顕になっているということで、少しオーバーに表現されてしまっているということだそうなのです。記憶の定着はあまり関係ないのかもしれません。

ちなみにトイレに行きたいといった夢は寝ている自分の体に実際に起こっていることが多いですよね。そのように実際に感じている近くが反映されることも少なくないようです。

夢占いなどを見てみると本当に深層心理が読み取れるような気がして興味深いです。しかしどのパターンにも当てはまってしまう場合、そんなに目まぐるしく変化しているのかと思ってしまいます。

このように夢というのは様々な解釈があるようで非常に面白いものです。
普段絶対に起こり得ないようなシーンに遭遇するのは夢のなかであれ貴重な経験ができる良い機会かもしれません。
自在に明晰夢を見られるようになればもっと楽しくなるのかもしれないなと思っています。